苦手克服

撃ち勝てない初心者さん必見/打ち勝てるようになるための苦手克服講座【撃ち合い】編

撃ち合いが強い人ってキルレ高いですよね。

まぁ単純にダウンせず敵を倒してるので自ずと高くなります。

キルレ=撃ち合いの強さだと思いますか?

まずはじめに言っておきますがAPEXでキルレを気にしても無駄です。

そもそも他人から見えない数字にこだわっても意味がありません。

そのワンマッチで如何に自分が満足できるパフォーマンスを出せるかが大切です。

しかしそうは言っても一つの成長の指数にはなります。

キルレが高い=強さではありませんが、たしかに強い人のキルレは高いです。

今回はキルレを上げる=撃ち勝っていくとして

どういうことを意識していけばいいか解説していきます。

尚今回の目標は

K/D1.0以下の人はK/D1.0を目標に

K/D1.0以上の人はK/D2.0を目標に

頑張りましょう。

K/Dが1を割っている方というのはほとんど初心者の方だと思います。

まだ初めて間もない初心者サーバにいる方はまずはK/Dを気にせずゲームに慣れることに専念しましょう。

そして初心者ではないけれどなかなかキルレが上がらない。

そんな方のために撃ち合いが苦手な人の特徴

ポイントと・改善点を提案していきます。

撃ち合いが得意じゃない人の特徴

1.敵対したらとりあえず銃を撃ち、どちらかが倒れるまで戦う。

2.そもそも弾が当たらない。

3.パニックになりどの敵を撃っていいかわからなくなる。

4.戦っている周囲の状況把握をしていない。

他にもたくさんありますが、とりわけ多いのはこの4点では無いでしょうか。

それでは一つずつ解説していきます。

1.敵対したらとりあえず銃を撃ち、どちらかが倒れるまで戦う。

そもそも自分自身でこの悩みに気付くのは難しいです。

アーマーだけ割れるけど撃ち負けてしまうことが多い方はこういったパターンが多い印象です。

改善点

敵対したらまずは銃を打つ。

ここまではOKです。

いきなり背中を向けて走るほうがよくありせん。

しかしお互いに撃ち合っているときに意識すべきことがあります。

・自分の体力は大丈夫か

・自分と敵どちらが撃ち勝っているか

です。

そしてもう一つ大切なことは

アーマーを割られている状況でなおかつ敵もまだ倒せそうに無いときは、一旦隠れましょう。

撃ち合うことへのこだわりを捨てましょう。

その戦いが終わったときに立っている方が勝者です。

その一回の撃ち合いで勝敗を決める必要はありません。

最終的に敵を倒せていればいいのです。

2.そもそも弾が当たらない

これは自分でも気付きやすいですね。

ここで大切な質問があります。

弾が当てられないのは設定があっていないのか

それとも

AIMが悪いのか

もし設定が自分に向いていないと感じるのであれば一度

こちらの記事を読んでみてください。

AIMが悪いと判断された方の中にも設定があってない方もいます。

改善点

今回設定に関しては上記させていただきましたのでAIMについてお話しいます。

AIMが悪い=設定ではない理由は

・交戦距離があっていない

・自分のファイトスタイルにあっていない

が考えらます。

交戦距離とは単純にどんな距離で敵と撃ち合うかです。

アイアンサイトや等倍サイトで戦うのは近距離

2倍・3倍・2*4倍では中距離

2*4倍以上は遠距離と考えましょう。

自分が得意な距離で戦えるように武器やアタッチメントを選びましょう。

ファイトスタイルとはどこでどのように戦うかということです。

屋内なのか屋外なのか、最初から突っ込むのかワンダウン取ってから突っ込むのか。

こんな感じだと思ってください。

周りに合わせて動くことも大切ですが、まずは自分のファイトスタイルを見つけてから、それを活かして味方のカバーをしたりともに突っ込んだりしましょう。

3.パニックになりどの敵を撃っていいかわからなくなる。

一人だと思って突っ込んだら3人居た

なんてことありませんか?

多分初心者に限らずこれは皆さん経験あると思います。

そうならないよう立ち回っていいくのがベストですが、そうなってしまったときのため、誰をどのように狙っていくかを解説していきます。

改善点

1人だと思ったら複数人と接敵してしまいどうすればいいかわからない状況のベストな行動は状況によって変わります。

・1V1していたら・・・

ワンダウン取れそうで追いかけた先に敵が待ち構えていた場合は一番ローの敵、すなわち交戦していた敵を撃つのがベストです。

・3人同時に接敵した場合

もし3人同時に接敵して近くに立ち回れそうな遮蔽物があり少しでも攻撃できそうな場合は、まず落ち着いて一番ダメージを与えられそうな打ちやすいところにいる敵を撃ちます。

おそらくこの状況からの生還は厳しいので

少しでも体力を削って味方がカバーに来たとき倒しやすくすることを意識します。

4.戦っている周囲の状況把握をしていない。

1パv1パだと思っていたのに漁夫が来て負けた

戦っていたらいつの間にか安置外になっていた

勝てそうだったのに敵に地形を生かされて負けた

思い当たることはありますか?

僕が初心者の頃はありました笑

漁夫に関してはこのゲーム上仕方ないことですのでそういった場合でもベストな行動ができる用に解説していきます。

改善点

まずいちばん多いのは周囲確認をしないまま戦闘を開始しているパターンです。

こういう場合は接敵したとき同時に周りの状況を確認する癖をつけましょう。

具体例としては

・ここにジップラインがあるから他の敵が登って来るかもしれない。

ということはジップラインの真ん前で撃つことは避けて、ジップラインと自分の間に遮蔽物を一つ挟んでおくこが大事になって来ます。

・建物が多いエリアなので周りに敵が潜んでいるかも知れない。

この場合は他の場所から撃たれても、避難できるように安全な建物を確認しておくことと、いつでも避難できるように戦うことが大切です。

長々と話しましたが、結論としては

撃ち合いに強くなるためにはAIMを鍛えるだけでは無駄

ということです。

エイムだけに執着せず他の要素も磨いていきましょう。

記事一覧